moon-rabbit2

謙虚、堅実をモットーに生きております!
に散らばる暗号の解読を追ってます。(現在の最新話は244話)

蜂蜜のひみつ」「麗華うさぎ
月に纏わる麗華と円城
に続き、

月とうさぎ」の複合暗号を考えてみました。

月は月で「かぐや姫」などのお話があって、
うさぎはうさぎで「兎と亀」や「カチカチ山」(もしや麗華様とお父様?)
があります。

しかし「月とうさぎ」の組み合わせは、いくつかあります。

自己犠牲うさぎ、月に昇る「今昔物語集」「ジャータカ」

インドの「ジャータカ」や、インド・中国・日本の物語りを集めた日本の「今昔物語集」の月とうさぎの物語りはとっても似たお話。

で、今昔物語のお話のあらすじは、

猿と狐とうさぎが、山の中で力つきて倒れていた老人を助けるために食べ物を探し、
うさぎだけが何も見つけられなかったので火に飛び込み自らを食料として捧げた。。。
しかし、老人は実は神様で、生き返らぬ捨て身のうさぎを讃えて、その慈悲の行為を後世にまで伝えるために、うさぎを月に昇らせたので今でもうさぎの姿が浮かんでいる。。。

とまあ、なんとも悲しく美しい話なのですが、
あれ、これって今麗華様が若葉ちゃんを救っているのと同じ行為?!(第243話)

麗華様、通販でお掃除グッズかって頑張ってもいいけど、
どうか自ら火に飛び込まないでくださいね。

最近月関連の物語りが多いので麗華様がとっても心配!

女神アルテミス様が恋を叶える力をくれるんだったらいいんだけど。。。

 

月で不労不死の薬を煎じる、中国のうさぎ

中国で月にいるうさぎは不老不死の薬を作るとのこと。
どうしてなのかは、たくさんの説がありすぎて。。。

 

月で収穫を祝い餅をつく、日本のうさぎ

日本のお月見はもともと稲の収穫を祝う収穫祭て、
兎が食べ物に困らないように餅をついているという説も。

う〜ん、麗華様は謙虚、堅実に将来食べ物に困らないように
頑張ってますので、日本のうさぎになるのかなあ。


 

とにかく、月がうさぎを月光で照らし、
優しく見守って包み込んでくれているのは確かなようですね。

だったら、麗華様にとって月って誰ですか?