謙虚、堅実をモットーに生きております!の276話が更新されました!

今回は円城とピヴォワーヌ3年生ターンです。

何気ない会話から、それぞれの嗜好や感情や性格がしっかりにじみ出ていて最高でした!

特に円城の対人スキル、初めから最後まで非常に高かったのが印象的でした。

これは自宅から避難したいほどの円城家の騒動が、円城の立ち回りスキルを助長いるのでしょうか?

円城「堕天使」、受けた〜!天使と堕天使、やっぱり似てた

273話の考察あたりから、円城兄弟が似ているか?の情報交換がこのブログのコメント欄をにぎわせていましたが、ついにその情報がアップされました。

「円城は笑うと雪野君に少し似ている」

ということで、円城、新たに麗華様から新しい称号?「堕天使」を賜る。(本人は知らないけど。もしかして心眼で読んでるかもしれませんが)

天使と堕天使、とってもしっくりくる表現です。

円城も負けずに?麗華様に確定称号「スパイ」を。

でも本当のスパイは自分でしょうが!

円城しつこい!

円城、麗華様の背後を取り、情報収集スパイ行為。

麗華様は円城を睨むも、円城は超対人スキルでかわした上に背後から動かず。

麗華様が背後に居られるのは苦手と言うと、円城は横へ移動して捜査官にジョブチェンジ。

麗華様逃げるが、円城長い足で追う。

麗華様は女子に合流すると、円城も同じテーブルに付き、対人スキルで部外者から座の中心へ。

鏑木が来ても、円城居座る。ゆえに鏑木も居座ることに。

円城、しつこいです。麗華様を追って、追って、追いまくります。

麗華様が嫌がっているを心眼で読んでいるはず?なのに、異常にしつこく付き纏います。

これは、夏休み前に麗華様となんとか約束を取り付けたいとしか思えないですね。(注:妄想)

ピヴォワーヌ3年生、会話がキモグロだけど、仲が良さそうでいい感じ

ピヴォワーヌ3年生。今回5人揃って仲良く過ごすのは初めてですね。

麗華様は不快のようですが、なかなか全員で集まることはないのでいい感じです。

しかし、会話がキモグロでして。

初めは崇高な趣味の稀覯本コレクションのお話。

ヨーロッパに買い付けに行くダンディ鏑木パパ。それに感心の讃良様。

ですが、鏑木家のまさかの稀覯本からの虫大量発生騒動の話へ。

麗華様、幻の虫に襲われ、痒くなる。取ってきたいくらのお寿司が何かに見える…でも食べる。さすが麗華様。

稀覯本とは、もしや人皮装丁本?、と芙由子様。順調です。
そんなのあったの知らなかった!という方は、私と同じようにwikipediaをご参照ください。怖いので要注意!

讃良様:…それはないと…ねぇ、鏑木様?
鏑木:ああ… (はっきり否定してない)
麗華様:(鏑木家にあったら…怖いー!)

麗華様、円城にお祓いをお願いする。

麗華様:(と、トロが何かに見える…)…それでも残さず食べる…スゴイ!

麗華様、何事があってもどんなものでも残さず食べるのは偉いですね。

そういえば、巨大な不味いミントケーキも完食(69話)したし。

ところでダンディ鏑木パパ。その家柄、血筋、資産はもちろん、ルックスと崇高な趣味などで麗華様から高ポイントを貰っていたのに、ここにきて残念な恐怖の人皮装丁本所持疑惑が…

何気に円城&麗華様、仲がいい

鏑木が来て手狭になり場所変えをするとき、
何気に円城が麗華様お気に入りの席を推奨。

でもって、何気に麗華様の隣席をキープ。

麗華様はというと、何気に円城に背中を叩いてもらうお祓いを頼み、落ち着く…

笑えるけど、これは歩み寄りに見えてしかたがありません。(注:妄想)

円城、麗華様が市に行きたい事忘れてないですよね?

次回はそれでしょうか?