謙虚、堅実をモットーに生きております!の283話がまたまた早くも更新されました!

ひよこのケーキ先生、本当にありがとうございますmOm

コメントで真雪さんもおっしゃってましたが、完結が近いのではないかと私もちらっと思ったりしてました。

完結で終わったら寂しいけど、書籍化、漫画化、映画化、アニメ化など期待しちゃいますよね〜。

そうなったら嬉しいです!

キター!今回はようやく麗華様と円城ターンです。

しかも円城の恋愛話のフラグでしょうか?

チーズケーキが鏑木を、チョコレートケーキが円城を象徴しているみたい?

雪野君からの絵はがきエアメール

麗華様、雪野君から山の景色の絵はがきエアメールを頂く。

雪野君は、野菜の皮を巧く剥き、

バーベキューを楽しみ、

カヌーで筋肉痛になる…

サマーキャンプを楽しんでいる様子。いいですね〜。

弱い体を心配していた麗華様、ちょっと安心。

それを横目に受験生の麗華様は、ひたすら勉強。だけどちょっと息抜きに何故か、鏑木のお気に入り珈琲店を再訪。

いくらいい場所だからっても、お兄様へのお土産のためだと言っても、おいしいケーキ食べたいからといっても、なぜ鏑木と遭遇する可能性があることを考えなかったのでしょうね?

鏑木じゃなくて円城に遭遇。運命ですよ!

なのに鏑木、じゃなくて円城に遭遇。

考えてみれば鏑木のお気に入りの店は当然親友の円城が知らないはずはなく、もしかしたらコーヒー好きの円城のほうが鏑木に教えて上げた可能性もあるわけでして。

コーヒーの美味しい隠れ家的な場所であれば円城がいてもおかしくないですよね。

とくに円城は自宅から避難したいらしいですから。

麗華様に朝顔市についてあれだけしつこく付き纏っていた円城ですが、話の流れからして、円城は麗華様とここで遭遇する可能性はないと思っていた様子。

お互いに1人同士。

以前は円城と関わらないようにしていたのに、店員さんがお水を持って来てしまったとはいえ、麗華様円城と同席に。

麗華様、なし崩し的に同席してしまったように思っていますが、いやだったら何か理由をつけて別の席に座ればいいだけですし、それに…

「せっかくひとりの時間を堪能していたのに、よろしいのでしょうか」

同席の事前確認ではなくて、事後確認している!

これは、円城に確認を取る前に勝手に座っちゃったってことでしょうか。

麗華様、心の奥底では円城と同席したかったのですね。きっと。

円城と偶然合うのはテスト休み中の閑散としたピヴォワーヌサロンに続いて2回目。(268話)

これは円城の言う通り、運命ですよ、麗華様!

鏑木の恋バナの聞き役をさりげなく押し付けられていた件

円城の言う通り、麗華様は鏑木の恋バナを聞いてあげてて優しいですよね。

どうやら鏑木は唯一の友達(?)円城に恋バナをスルーされるので、そのとばっちりが麗華様にきているらしい…

それに文句を言う麗華様。

チョコレートケーキを食べるように促され、一口。

濃厚なチョコレートケーキにささくれた心は一気に癒される…いつもながら、円城は麗華様の扱い方を心得てますし、麗華様もしっかりそれに乗ってますね。

どうして麗華様が迷わずチョコレートケーキを頼んだのかは不明。

ここで円城が麗華様は人が良すぎるので、いつかは悪い人に騙されるのではないかと危惧。フラグでしょうか?ちょっと怖いですね。

この珈琲店は、幼少の思い出回帰の場所らしい。ケーキが性格を象徴しているみたい

前回この珈琲店は心が落ち着く場所なのでしょうか?

鏑木は幼少の頃の思い出話を語りました。
麗華様は、鏑木のようなしつこいコクのあるチーズケーキをお供に。

今回は同じ場所で今度は円城が、幼気で可愛かった子供の頃のキャンプの思い出を語りましたね。
麗華様は、原黒に変わり果てた今の円城のような真っ黒でちょっとビターで濃厚なチョコレートケーキをお供に。

麗華様、チーズケーキもチョコレートケーキも甲乙が付け難いとのこと

それはそうでしょう。どちらも違った魅力を持ってますので。

ここで円城が料理上手であるようなことが発覚。

ラテ(157話)もお好み焼き(262話)も上手に作ってしまうので納得です。

キター!円城は人の恋の相談に乗っている場合じゃないらしい

キター!来ましたよ!

ついに円城恋愛ターンも間近でしょうか?

円城は秘密だと言っているので、どこでどのようにこの秘密が暴露していくのでしょうね。

今回は円城の恋愛話のフラグでしょうか?

次回はピヴォワーヌ3強が隠れ家、珈琲店に集結!

もうここを第二の小会議室と呼んでいいですか?

一体どのようなお話をするのでしょう。

鏑木の恋バナの発展系か、円城パターンか、またはサマーパーティについてでしょうか?

また直ぐに更新があるのかワクワクしながら待ってます!