rimbaud-verlaine
Henri Fantin-Latour, Un coin de table 1872, ©Musée d’Orsay/Hervé Lewandowski

 

謙虚、堅実をモットーに生きております!(現時点は244話)で
鏑木雅哉と円城秀介って
親友以上なんでしょうか?

 

円城の初登場からBL描写が。。。

少なくとも、吉祥院麗華様はBL設定を始めから楽しんでいらっしゃる

円城秀介が初登場したのは麗華が小1の時。(第6話)

で、麗華様が、円城について説明しているなかに、
前世で読んだ漫画に関しては、
そして腐の人達からは皇帝の嫁扱いされていた
とある!

そして、漫画と同じでピヴォワーヌや廊下で見かけるときも、
常に行動を共にしているとも。。。

 

遠足で皇帝と王子が二人でボートに!

そして中2の遠足で行った福島県の五色沼では、
カップル乗りボートばっかりだった中で、
鏑木と円城が男二人でボートに乗っていたのを見て
ウププ。。。だって?

麗華様が女の子と二人で乗っていて、
カップルボートを恨めしそうにしていたところだったので、
仲間意識が入ってましたが。

仲間って?え?麗華様はそっちじゃないよね?(第58話)

 

鏑木、円城が毎日仲良く登校してくると思ってた?

ある朝、円城とばったり会った時に、
今日は鏑木はいっしょではないかと円城に聞くと、
円城は、高校男子がそれやったら不気味でしょ、と否定
する。(第121話 高2)

麗華様の質問、ちょっと妄想が入っていたのでしょうか?

 

鏑木はランボーで、円城はヴェルレーヌがお好き?

今まで少しづつ伏線があって、ついにこの244話(高3)で
BL妄想描写がきましたね〜。

しかも、例えはランボーとヴェルレーヌ

いろいろな意味でけっこう行っちゃってます。

映画「太陽と月に背いて」を観ちゃうと
もっと妄想がはいっちゃいますよね〜。

鏑木はランボーでいいかもですが、
円城のヴェルレーヌってどうでしょう?

あの、ヴェルレーヌってランボーからみると
おじさんだし、容姿はん〜だし、性格めちゃくちゃだし。

ちょっと王子とは違うような〜。

でも情熱的で詩的なBL妄想にしたかったのかな、麗華様は。

 

あっ、麗華様は前世に太陽と月に背いたポエムを書いた前科が!

とある映画を見た後、思いっきり影響されてランボーやヴェルレーヌ気取りで、ためいきがどうの、永遠がどうのと書いた覚えがある!
 確か次の日正気に戻って慌てて捨てたはずだけど、あのメモ、ちゃんと捨てたよね?ずぼらが高じて引き出しに入れっぱなしなんてこと、ないよね?
 ぎゃあああっ!あんな気のふれたメモ、家族に読まれたら、死んでも死にきれないっ!

だってさ!(中3第64話)

この時点から伏線を貼ってたのですね!
ひよこのケーキさん、さすが〜!


 

ところで、BLってイケメン多くて、この二人はいい題材だけど、
個人的には、麗華様の妄想だけにとどまってくれたほうが嬉しいなあ。