謙虚、堅実をモットーに生きております!の298話の考察です。

ひよこのケーキ先生、またまた続けての更新、ありがとうございます!


ついに若葉ちゃんのお家でコロちゃんの正体が鏑木に明かされるのかとおもったら、またもやニアミスですね。

コロちゃんという暗号を解読してみました。

鏑木の来訪は麗華様との痩身プログラムがキャンセルされて暇になったから

鏑木の来訪で、胃が雑巾のように引き絞られる麗華様。この表現、思いっきり笑えるんですけど、麗華様にとっては笑い事ではないですね。

なんと、鏑木の来訪は麗華様との痩身プログラムがキャンセルされて暇になったからだったとのこと。

麗華様、図らずしも、自分の首を自分で締めてしまいましたね。いや、アポなしの鏑木が悪いんですけど。知れたら結構ヤバいかもです。

花火大会に一緒に行くらしい

鏑木と若葉ちゃんの玄関での立ち話をドア一枚挟んで盗み聞き聞き入る麗華様。

これはスパイ行為か?

でもって、鏑木が若葉ちゃんに浴衣に合う簪をプレゼント。喜ぶ若葉ちゃん。

これにより、鏑木と若葉ちゃんが花火大会へ一緒に行くことが判明。

後で聞いたら、鏑木がクルーザーを出して花火鑑賞することが判明。

で、通りかかった近所のおばちゃんが鏑木と話す若葉ちゃんに「彼氏なの?」から始まる必殺若者恋バナトークを始める。これで明日中、いや、今夜中にご近所中のおばちゃんたちが盛りに盛った若葉ちゃんの彼氏の話で盛り上がるのではないでしょうか。若葉ちゃん、お気の毒です。

その間、無言の鏑木。内心は絶対に嬉しがってますよね。

でも平静を装い、暇つぶしに麗華様に電話する。

コロちゃん、という暗号を解読してみました

麗華様の携帯が鳴る!発信者、鏑木…

何とか、切ったけど、疑問に思う鏑木。

でもって、お友達のコロちゃんが来ていると知ると、コロって変割った名前だ、と呟く鏑木。

そうですよね。コロちゃんって、犬みたいな名前で、お友達でコロちゃんて呼ばれている人みたことない。

でも、コロちゃんっていろいろな比喩がありますね。3つ程、思いつきました。

1) 犬。のコロちゃん。梅若君は麗華たんのことベアたんみたい、つまり犬みたいって思っている。

2) コロコロ太っている人。今の麗華様の状態か?予定では鏑木のスパルタ痩身プログラムで痩せるはず?です。

3) コロネパン。これが高道一家により命名されたニックネームの大元なんですよね。

改めて見ると、縦ロールとコロネはすごく似てますね〜。

3つとも麗華様に当てはまっているような?

ひよこのケーキ先生のネーミングセンスや比喩は、凄過ぎます!


麗華様、結局また鏑木と高道家でニアミスでした。

自宅に帰ってメールをポチポチしていたら、鏑木からの電話が繋がってしまったー!

前回に続き、いいところの宙吊り状態でまた終わってますー。

次回の更新、とっても待ち遠しい状態です!