謙虚、堅実をモットーに生きております!(現時点は244話)
で皇帝鏑木が麗華様に贈ったものを集めました。

う〜ん、これしかなかったんですか?

鏑木は優理絵様に初恋をして、若葉ちゃんを好きな最中で、
麗華様を女の子として好きになった設定はないので
しょうがないか〜。

鏑木にとって、麗華様は、やはり
パシリ、スパイ、参謀、髪様か?

麗華様にとっては不祥の弟子だけど。

このままだと、麗華様が皇帝のお妃になる説は危ういですね〜!

女の子はなんだかんだで、素敵なセンスのいい
プレゼントにキュンですから〜。

 

ハイネの詩集

heine-poem

友柄先輩の卒業式の時に、友柄先輩と香澄様のカミングアウトを祝福した麗華様を「失恋したのに偉い!」と勘違い。

麗華様を慰め元気づけるために「俺たちの思いが綴ってある」と思っている詩集を贈ったもの。(高3 第106話)

麗華様は、失恋臭がして恋愛運が下がるとして、この贈り物をサン・ジョルディの日にここぞとばかり鏑木に返す。(高2 第221話)

 

ショパンの幻想即興曲

piano

雨の日に気まぐれで弾いていた雨だれの演奏の後で、麗華様のリクエストに答えて。

麗華のリクエストを受けるように提案をしたのは円城だが、鏑木が「誰が弾くと思っているんだ」と円城に聞くと、円城は「雅哉」と答えたので、鏑木からのプレゼントと解釈。(高2 第126話)

円城がピアニストに頼んで麗華様にプレゼントしたという解釈も捨てきれないところがひよこのケーキさんの表現術ですね。

 

ツボの本

tsubo-hon1

「疲れに効くツボ」に伏線をして。麗華様がピヴォワーヌのサロンで疲れていた姿を見て贈った模様。(高2 第174話)

それ以外にもいろいろと試してみて、効果があるのでいい本をもらったと喜ぶ。

すっかいツボにはまった麗華様はお灸まで始めることに。(高2 第175話)

 

メイプルシロップ

maple-syrup

カナダへスキー旅行に行った時のお土産、メイプルシロップ。
円城が渡したけど鏑木と二人からっぽい微妙な表現もあったので一応含めておきました。(高2 第180話)

 

パリで買ったマカロン

macaron-column1

修学旅行先のパリで、若葉ちゃんとスイーツデートをした時に買った、若葉ちゃんがおいしいといったマカロン。

髪様へのお供えものとして、幸せのお裾分け。渡すついでに、のろけ話もまた始まる。(高3 第225話)

 

スーパーで買ったハム、メロン、野菜ジュースなど

super

麗華様にスーパー見学をつきあってもらったので、麗華様が買おうとしていたものにお金を払った形でプレゼント。

しかし、麗華様が自分用として選んだスナック菓子の大半を鏑木用になる。自分の興味のない野菜ジュースや実演販売でひっかかったハムやメロンやパンなどだけ麗華様にあげた感じ。。。(高3 第234話)