謙虚、堅実をモットーに生きております!の261話がアップされましたね!早い更新で嬉しいです。麗華様の活躍はみられませんでしたが、かなりお話が進みましたよね?ピヴォワーヌ対生徒会、鏑木対同士当て馬、鏑木皇帝+円城王子、麗華様のウィックなど。麗華様ウィッグ関連の画像を用意しました。

ピヴォワーヌ対生徒会

ピヴォワーヌ対外部生+生徒会の対立構造。進展したと言うよりは、ピヴォワーヌの立ち位置を鏑木がはっきりさせたということですね。

その立ち位置とは。

「ピヴォワーヌこそが瑞鸞の象徴と自負するならば、それに恥じぬよう模範となる行動を取れ」

自らが模範のお手本を示した後の発言ですし、とってもかっこよかったですね。

しかし、「皇帝、万歳!」には受け過ぎて笑いました。

ピヴォワーヌ対生徒会の今後は、鏑木対同士当て馬の今後に大きく関わってくるのでしょうか?

皇帝と同士当て馬

ピヴォワーヌの会長の鏑木と、その鏑木に真正面から対峙して隣の若葉ちゃんを守るように立つ同志当て馬。両者の間には見えない線がはっきりと引かれているかのような光景だった。
先に視線を逸らしたのは鏑木だった。

まぁ、気持ちはわかるけど。片思いしている若葉ちゃんと同志当て馬の近しい距離感と、自分との距離や属する立場の違いをまざまざと見せつけられてしまったものなぁ…。

そうですよね。皇帝はここをどう縮めていくのでしょうね。

同士当て馬は友柄先輩路線を受け継いで、ピヴォワーヌと生徒会の友好関係を気付きたい感じですが、鏑木はどう思っているか不明。

若葉ちゃんへの恋心から、または恋心がきっかけとなり、若葉ちゃん(他生徒会や外部生など)との線引きや距離感や立場の改善をするべく、ピヴォワーヌと生徒会の関係を変えていくのかもしれませんね。

若葉ちゃんの視点から見ると、今回は同時当て馬と鏑木の両方に守られたかたちとなりました。

しかし同士当て馬は、この騒ぎでいつものように裁判官のようなことをしていて、カリスマ性がなく全然素敵だと思えなかったのです。身内の若葉ちゃんを守っているようで、守りきれていなかったというか。まあ、立場がピヴォワーヌより弱いのでしょうがないのかもしれませんが。

一方、皇帝は場をビシっと締めて、対局線の向こう側にいる若葉ちゃんを守ったので、鏑木株は爆上げだったのではないでしょうか?

鏑木は円城が必要

しかし、鏑木皇帝が場を収めたからといっても、後片付けができてない。。。

そこで円城王子の登場で、鏑木とは真逆の形で
「瑞鸞の象徴ピヴォワーヌの恥じぬような模範となる行動」
見せつけて、ピヴォワーヌと円城株の爆上げをしたのに、自分は一切手を汚さず、キラキラ余韻を残して去ったというのはびっくりでした。

ひよこのケーキ先生のキャラ作りの手腕、凄すぎます。

それにしても今回の261話を読んで改めて思ったのが、
円城だったらこの場を1人で初めから最後までうまく収めるけど、鏑木の場合は円城というフォロー役が必要だってことですね。

これが、将来的には円城に代わって若葉ちゃんがフォローするのでしょうか?

麗華様ウィッグへの自己イメージと反応

早速きました、麗華様のウィッグ第一弾!
スパイのようなクールビューティーのイメージウィッグのアレンジ版、「おしゃれフランス映画の女の子」

この麗華様のウィッグに対する鏑木と円城の反応もあったので、それぞれ画像で見てみました。

【麗華様のイメージ:アメリ 2001年フランス映画】

【鏑木の視点イメージ:岸田 劉生の麗子像 1923年作】

引用元: Ryūsei Kishida [Public domain], via Wikimedia Commons

【円城の視点イメージ:市松人形 江戸時代〜】

麗華様のイメージも含めて全て古いですね…

円城のウィッグへの反応はやはり腹黒攻め(市松人形)とカサノバ攻め(縦ロールのほうが似合う)の両方でしたね。
それにしても円城のカサノバフォローで、心臓がバクバクした後の、
「こっちでいいの?いちまさん」に爆笑でした。

次回のお好み焼き屋座談会で、麗華様のスパイ行為が暴かれるのでしょうか?

若葉ちゃん苛めの犯人は外部生でしたからね。これがバレるとどのような展開になるのでしょうね。行く通りも妄想しちゃいますね。次回が楽しみです!