謙虚、堅実をモットーに生きております!の263話が早々アップされてます!
なんか凄い勢いで更新されてますね!

ひよこのケーキ先生、楽しませてくれてありがとうございますm(_ _)m

私の前回した妄想は、ただの妄想に終わりましたが、皇帝の行動に納得です。

それに鏑木と円城の両者の株が生徒の間でうまく上がっていましたね。

優雅ピヴォワーヌサロンは、皇帝スパルタ(?)学習塾と化すのでしょうか?

「すべてにおいて秀でていなければ、真に人を従えることなどできない。権威を振りかざすのならば、それだけの価値を示せ」

とは!皇帝鏑木、とってもかっこいい!

しかし、コンシェルジュがワゴンで運んでくる程の問題集なんてびっくりです。

これは、優雅なひと時を過ごすピヴォワーヌサロンが、必至の形相の一年生と問題集や参考書やプリントに埋め尽くされる鏑木皇帝スパルタ学習塾と化すのでしょうか?

サロンは中学生も共有ですから、後輩達はみんな見てますよね。見せてるだけでもいい教育なので、後続が自動的に育つかもしれませんね。

それにしても皇帝鏑木の睡眠時間が4、5時間って、皇帝ナポレオンの睡眠時間(1日3時間+昼寝・居眠りで計6〜8時間)より凄くないですか?

麗華様の6時間も凄いですけど。

これ、ピヴォワーヌ全員の成績の底上げが終わったら、今度は騎馬戦も!ということになったら面白いですね。

「ヒノキの木になれないあすなろ」を調べてみた

鏑木が麗華様に言った、「ヒノキの木になれないあすなろ」ってご存知ですか?

私は知らなかったので、調べてみました。

アスナロはヒノキ科のアスナロ属の常緑針葉樹だそうです。「あすはヒノキになろう」と願って一生懸命に努力しても、本物のヒノキになれない、というのが俗説だとwikiに書いてありました。

文学作品では、努力しても報われない人として描かれることが多いらしいです。

井上靖の自伝的小説 「あすなろ物語」がそのいい例のようですね。

でも井上靖は、「あすなろ物語」を書く前から既に芥川賞を含めた数々の賞を取っていて既にヒノキでいらっしゃるのですが。。。

とにかくこの小説は読んだことがないので、読んでみます。

麗華様が30位以内に?希望学部+仕事へのフラグでしょうか?

実は、麗華様の成績が低迷していたし、鏑木にも獲得的セルフハンディキャッピングなんて言われていて、人ごとではないと思って心配していたのです。

どうやって解決するのかと思ったら、皇帝直々のスパルタ?教育で解決ってシナリオっぽいではないですか?

それはありがたいというか、ありがた迷惑というか…。

なんて言っている場合ではありませんよ、麗華様!

将来の人生設計に関わってくるのですから、どうか頑張ってくださいね!

ということで、またの早期更新を心より待ってます。