謙虚、堅実をモットーに生きております!の266話、またまた早々の更新です!

今回は、鏑木が遂に水崎に負けない宣言をしたのが強烈でした。

それに初めから最後までとってもニクい演出でしたね。

夜露>悲恋x2>雨の庭

それらしき画像を用意して遊びました。

夜露に濡れた紫陽花

物語りは夜露に濡れた紫陽花で始まる。

キター!鏑木、遂に水崎に負けない宣言!

鏑木が遂に同士当て馬に負けない宣言をしました。
いよいよ、君ドルのような若葉ちゃんの奪い合い合戦に突入するフラグでしょうか?だったらワクワクです。

こちら、ベガとアルタイル。
天の川の左側を斜め上下で挟んだ一番目立つ星2つです。

wide-field_view_of_the_summer_triangle
引用元:By NASA, ESA Credit: A. Fujii (http://www.spacetelescope.org/images/heic0720c/) [Public domain], via Wikimedia Commons

こちらは麗華様と鏑木(?)の脳内です。
vega-alteir

鏑木がどうやって同士当て馬に負けずに、若葉ちゃんとの距離を縮めてみせるのか楽しみですね。

ところで、優理絵様や愛羅様にとっても鏑木は、やはり迷惑児的?な存在だったという認識が改めて確認されましたね。

若葉ちゃんが優理絵様と同じような認識を鏑木に対して持ったらちょっと残念ですね。頑張れ、鏑木!

ナイチンゲール(小夜啼鳥)とバラ

こちら、伊万里様の愛の囁き。

ナイチンゲール(小夜啼鳥)とバラ by オスカーワイルド。

ナイチンゲールは伊万里様にぴったりのイメージではないでしょうか?

ところで鏑木の脳内こんな感じですか?
若葉ちゃん=自分が好きな人
麗華様=食べ物のイメージの人=食べ友

【追記】
hiiroさんからの「麗華様と鏑木の行動が息ぴったり」コメントを見て、ちょっと思った事を追記です。

麗華様は恋愛村分けでいうとぼっち村で、鏑木は微妙なところで現実はぼっち村寄りですよね。

それでカサノヴァ村の伊万里様や円城の恋愛関連の言動に対する麗華様と鏑木の反応って息がぴったりあっていませんか?

前回は円城が「…恋愛は観るものじゃなく、するものでしょ」(238話)と言った時に、麗華様と鏑木が仲良く石化しましたので。

唯衣子さんの微笑み

円城と唯衣子さんに関してはあまり進展がありませんでしたね。

でも唯衣子さんのイメージが更に湧いてくるような描写が多く、これから唯衣子さんが物語りにもっと登場してくるのではないかという予感がしました。

  • 唯衣子さんのイメージに合わせて作られたグラスの縁に花をあしらったオーロラ状に何層も分かれたピンク色の綺麗な飲み物
  • 儚げな容姿を引き立たせる白いドレス姿で華奢な唯衣子さんにぴったり
  • 輝く月のような綺麗な微笑み

こんな雰囲気の微笑みでしょうか?

七夕そうめん

七夕そうめん。ちょっと庶民的ですが著作権の問題がない画像なのでこちらを掲載。
キラキラ七夕そうめん

ドビュッシー 雨の庭

ドビュッシー 雨の庭@YouTube。本当は鏑木のようなイケメン男子を用意したかったのですが、著作権クリアのトップヒットなので女性で。

う〜ん、夜露に濡れた紫陽花に始まり、「織姫と彦星」と「ナイチンゲールと薔薇」の悲恋2つで盛り上がり、最後はドビュッシーの雨の庭で終わる。

涙です😭

壮大な演出です。

ひよこのケーキ先生は演出家でしょうか?

麗華様も最後は自慢のお兄様にエスコートされ、キラキラ愛羅様と優理絵様にも囲まれて七夕の短冊以上に眩しい時を過ごしたのではないでしょうか?

七夕の会は続きがあるのかこれで終わりなのかは不明ですが、とにかく鏑木vs.水崎の特大フラグ入りの面白く素敵なお話でしたね。

毎回同じく次回が楽しみです。