movie

謙虚、堅実をモットーに生きております!
に出てくる映画をまとめました。

 

麗華様が観た映画

前世

  • 太陽と月に背いて[1995年]
    ヴェルレーヌとランボーの禁じられた物語

鏑木と同じクラスになった中3の時、円城にクラス委員になるように頼まれる。昨年鏑木と同じクラスだった委員長のげっそりした顔を思い出し、心が病んで同じよう変なポエムを書き始めたらどうしよう。。。という妄想から前世の思い出に。以下小説からの抜粋。(第64話)

 前世の私にはその前科がある!
とある映画を見た後、思いっきり影響されてランボーやヴェルレーヌ気取りで、ためいきがどうの、永遠がどうのと書いた覚えがある!
確か次の日正気に戻って慌てて捨てたはずだけど、あのメモ、ちゃんと捨てたよね?ずぼらが高じて引き出しに入れっぱなしなんてこと、ないよね?
ぎゃあああっ!あんな気のふれたメモ、家族に読まれたら、死んでも死にきれないっ!

結構凄い過去!

前世の黒歴史が、ヴェルレーヌ円城とランボー鏑木の妄想に繋がったのですね。

現世

  • ナイトメアビフォアクリスマス[1993年]
    ハロウィンタウンの住民が毎年同じのハロウィンに飽き飽きしていたところ、クリスマスタウンを見つけて未知なクリスマスを自分たちで開催して盛り上げようというアニメ映画。

見栄を張って、寂しく一人お留守番となってしまった高2ボッチクリスマスにて。(第64話)

私は部屋に戻ると、帰りにコンビニで買ってきたあたりめに、お醤油をかけてマヨネーズを付けたものを齧りながら、“ナイトメアビフォアクリスマス”のDVDを観た。この映画はつい毎年観ちゃうんだよね~。あたりめ、がじがじ。緑茶ぐびーっ。  お兄様も今日は仕事とパーティーで遅いみたいだし、いいんだ、いいんだ。私はひとり寂しくDVDを観て寝ちゃうんだ。次はなんの映画を観ようかな。

 

登場人物が好きな映画

登場人物 好み 映画名
鏑木雅哉 苦難を乗り越え結ばれる恋愛映画
自然ドキュメンタリー映画
ショコラ
円城秀介 昔の映画
(の中の怪奇系映画)
カリガリ博士
ブリキの太鼓
コックと泥棒
その妻と愛人

(第238話)

改めて比較してみると性格や態度に出ています。
ストレートな鏑木と心に闇をもつ円城、でしょうか?

シーンで連想された映画

「ベイブ」

鏑木グループのホテルの貸し切りジムにて。鏑木のスパルタ式の過酷な痩身トレーニングを受けてギブアップしそうになる麗華様。

その時、鏑木に「走れ走れ、偶蹄目!そんなことでは、立派な牧羊豚にはなれないぞ!」

と激され、自分はどこぞの豚の映画の主人公ではない、と「ベイブ」を連想。(高3夏休み 292話)

ベイブは豚が主人公の映画。豚なのに放羊犬ならぬ、放羊豚に成長して栄光を勝ち取る映画。

「THE WAVE」

鏑木グループのホテルの貸し切りジムにて。鏑木のスパルタ式の過酷な痩身トレーニングの第一回目終了。

トレーニングをなんとか終えて、身も心もボロボロになった時に、鏑木に誉められて達成感と感動に打ち拉がれる麗華様。

しかし、円城がそれはマインドコントロールの一環と指摘。麗華様はその時、どこぞのドイツの実験映画を連想。(高3夏休み 292話)

「THE WAVE」は、ヒトラーが実際に行ったナチス的マインドコントロールを、アメリカの高校生を実験台に行った実話ベースの映画。

*映画は真雪さんが教えてくれました!真雪さん、調べてくださってありがとうございます!