謙虚、堅実をモットーに生きております!
に出てくる瑞鸞学院の特権階級の生徒達の組織
ピヴォワーヌ。

その拠点とするピヴォワーヌのサロンは 優雅ですね〜。

それよりも何よりも美味しそうに
麗華様がお菓子を毎日召し上がっていらっしゃるのが 羨ましい!

食べたお菓子の数、数、数! ?
うん、麗華様、凄いわ。

これ、しっかり毎日食べてたら、
ラフランスになるよね?

 

【チョコレート】
鏑木が食べていたのを見かける。(第3話 小1)

 

chocolat2

 

【マカロン】
メレンゲとアーモンドプードルを焼いたシェルに
クリームなどを挟んだフランスのお菓子。
ピエールエヴァン(ピエールエルメとジャン=ポール・エヴァンを
掛け合わせたらしい架空のブランド)の限定マカロンを、
愛羅様と優理絵様にくっついて来た鏑木と一緒に頂く。(第10話 小1)

macaron-column1

 

【ジンジャーのクッキー 】
イギリス王室御用達の紅茶に添えられた
同じブランドのジンジャーのクッキーを堪能していたら、
鏑木から優理絵様へのスパイに任命される。(第17話 小4)

tea-cookie

 

【ザッハトルテ 】
オーストリアの名物でチョコレートケーキの王様。
ケーキに杏ジャムのコーティングをして、
その上からまたチョコレートのコーティング。
ホイップクリームを添えて。愛羅様と一緒に。 (第43話 中1 )

sachertorte1

 

【焼き菓子】
焼き菓子系は常時何種類かがある模様。

フィナンシェ、ダックワーズ、ヌガー、ガレット、ラスクなど。

銀座の高級ラスクを食べていた友柄ロメオ先輩を見たのが発端で、
香澄先輩のピヴォワーヌお菓子横流しと
ジュリエットだということを知り、麗華は失恋。(第54話 中1)

gateau-sec1

 

【シブースト 】
パイ地にリンゴの砂糖煮を乗せ、カスタードとゼラチンとメレンゲを混ぜたクレームシブーストを重ねて表面をカラメルで焦がしたフランスのケーキ。

皇帝が召し上がっているのを見て、何で太らないんだろうと思いつつ、麗華様も食べたいと思っていた。(第81話 高1)

chiboust

 

【ブルーベリータルト】
食べたかった。。。けど郵便局で2人に妊婦と勘違いされたので、
見てないことにしてぐっと我慢。
みんなには食欲がない事にしていたが、
円城には気付かれる。(第87話 高1)

blueberry-tarte3

 

【アップルパイ】
一つ食べた後に、麻央ちゃんが来たので2つ目を一緒に。(第111話 高2)

applepie1

 

【クレームアンジュ】
フランスのアンジュ(Anjou)地方のホイップクリームと卵白のふわふわなお菓子。ベリー系ソースやラズベリーなど一緒に食べると最高。
プティピヴォワーヌで天使(フランス語ではangeアーンジュ)雪野君に
初めて合った時、麗華に運んで来てくれる。(第113話 高2)

creme-d-anjou1

 

【抹茶ロール 】
お気に入りのソファで堪能。円城がやってきて、話しかけられる。
その時に唯衣子さんが円城の婚約者候補だと知る。(第163話 高2)

 macha-roll1

【シャルロット・オ・ポンム】 
ビスキュイ・ア・ ラ・キュエールかパンかスポンジを柱のように並べて器を作り、その中にリンゴのピュレかババロアかムースや、カスタードクリームや生クリームなどを重ねたお菓子。麗華様はアップルパイのほうが好きだが、たまにはリンゴのシャルロットもいいとのこと。堪能していたときに、雪野君が円城に連れられてサロンにやってくる。(第168話 高2)

charlotte-aux-pommes

 

 

【イスパハン】
バラとフランボワーズとライチのマカロンケーキ。
麗華の好物で、ロココ風麗華に相応しいとのこと。
いつもの場所で味わっていると、
鏑木が恋愛相談にやってくる。 (第210話 高3) 
ispahan2

 

【林檎のコンポートジュレ】 
林檎を砂糖やシロップやワインで煮てたものを、ピュレかそのまま林檎の食感が残る状態かにしてゼリーで固めた水菓子。

鏑木と円城の恋愛話に振り回されて、疲れきったときに林檎のコンポートジュレをいただく。癒されて、新レシピのアイディアも浮かんでいたところ、芙由子様がやってきてウィジャボードを広げる。 (第231話 高3)

compote-pommes-geleee

【フロランタン】 
スライスやカットをしたアーモンドなどのナッツ類をキャラメルか蜂蜜でからめてクッキーの上にコーティングした焼き菓子。

洋風オカルト>和風オカルトや風水に興味が移った芙由子様のお話を聞きながら。(第247話 高3)

florentin

【エクレール】
細長いシュー皮の中にクリームを入れて上に糖衣をしたもの。

ここではエクレール専門店のもの。

讃良様は緑のコーティングのピスタチオのフレーバー、麗華様は酸味が絶妙に効いた赤いベリー味を堪能。
(第275話 高3)